イベント情報

日時:2022年06月11日(土)

概要:

【景丘の家で開催します】

内容:不燃性の素材“バルカナイズドファイバー”に絵を描いて、折り紙のように「曲げて折って差し込んで」組み立てられるオリジナルのシェードキット。電球をつけて“世界にひとつだけのあかり”を作ります。
インテリアは自分で作れる!という喜びや、明かりをつけた時の変化をワクワク予想して画材を使い分ける面白さ、自分で作ったナイトライトを消して自分で寝るタイミングを決める「入眠儀式」にもお使いいただけます。

参加費:2,000円(保険料込)
※本講座限定のサイズで実施いたします。
 尚、こどもたちへのご配慮と景丘の家から一部補填し、特別価格にて実施が可能となりました。

対象:3歳以上の親子 *小学生は1人での参加可

持ち物:
・汚れてもよい服装
・先の尖った道具も使用しますので、保護者の方の責任範囲でお子さまの安全管理をお願いします。

*本講座は、基本的な感染防止対策を講じて開催する予定です。尚、感染状況によっては、延期の可能性もございますのでご了承ください。


土橋陽子デザイナー/インテリアライター

株式会社イデーに5年間(’97~’02)所属。定番家具開発や、ロンドン・ミラノ・NYで発表されたブランド「SPUTNIK」の立ち上げに関わる。
2012年より「Design life with kids interior workshop」主宰。フリーランスデザイナー・インテリアライターとして、様々な企業や媒体と協働して「暮らしをつくる喜び」を広める活動をしている。針先を読むだけで時計がよめるようになるfunpunclock(ふんぷんくろっく)をデザイン。グッドデザイン賞受賞・キッズデザイン賞受賞。同シリーズの腕時計「funpunclockto wear!」もTiCTACより発売中。Precious.jpにて「身長156cmのインテリア」連載中。

製作協力:株式会社竹尾